前へ
次へ

運動をすることで身体の脂肪燃焼をよくしていく

痩せると決めたら適度な運動習慣を取り入れることも必要であり、肥満体型の人の多くは運動が苦手です。
アスリートのような激しいトレーニングやスポーツをするわけではなく、簡単にできて続けられる運動を継続します。
運動量は年齢が上がるごとに減る傾向があるので、気が付いたら動くのはパソコンを打つ手先だけとか、通勤だけ歩くような運動不足に陥りがちです。
でも足先や手先だけというのは、実はもっと必要となる筋肉を使ってはいなので、それが脂肪燃焼効率を下げてしまいます。
脂肪がたまりやすいお尻や太もも、あまり動かさないから脂肪が蓄積をしやすいですし、筋肉量の少ない身体は痩せにくくなるばかりです。
筋肉の稼働率は日ごろの運動量の低下で招かれますが、代謝も下がりますし脂肪はなかなか燃えません。
家の中でできる腹筋やスクワットを習慣にするのもいいですし、外に出てのウォーキングも良い方法です。
身体は普段やっていることを覚えていきますので、習慣にしてしまうことでだんだんと代謝も上がります。

Page Top